FC2ブログ

声優さんと野球と機械が好きなヲタブログ

プロフィール 

沙汰庵

Author:沙汰庵
声優大好きだよ声優。

■出身地
 千葉県
■好きなアニメ
 機動戦士ガンダム
 超時空要塞マクロス
 ふしぎの海のナディア


関連性のないトラックバックとコメント、誹謗中傷と受け取られるコメントは削除させていただく場合がありますのでご了承下さい。


現在の閲覧者数:

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

最近のトラックバック 

最近のコメント 

カテゴリー 

モバイル向けブログ 

QR

  

Firefox 

Firefox ブラウザ無料ダウンロード Firefox meter Firefox meter

RSSフィード 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

魔法先生ネギま! 140時間目

出だしは前に見たような。
バラエティー番組と同じ手法ですね。
正味16ページ。
で、

BAD END
学園祭超鈴音編 オコジョエンドNo.16

って、勝手に終わらすハルナさん。
BAD ENDを見ないと、真のエンディングを見られません。
次はネギ君丸裸ENDをお願いします…。

エヴァ邸へやってきた魔法先生。
戦うか? 逃げるか?
DOTCH?

表へ出たのは刹那さんと楓さんの2名だけ。
刀子さんがバツイチだったとは…。
現在の彼氏ともどうなるかわからない状況に刀子さん暴走。
神鳴流対決スタート。
ブチ切れモードの刀子さんに押される刹那さん。
ヒゲグラサンの先生も強敵。
結局、風の壁に閉じこめられてしまう二人。
残りの7名も連行するため家の中に入った先生たちですが様子がおかしい。
身代わり人形と簡易ゴーレムで脱出済みだったのですね。
ハルナさんグッジョブ。

電話ボックスを発見し、ネット接続を試みる一行。
ISDN……懐かしい響きです。
しかし、そこへ新たな刺客が登場。
と言っても、高音さんたちですけど。
この窮地を凌げるのか?
あれれ、明日菜さんのオツムが働き出しましたよ?

次回はエロス&バイオレンス満載ということで、やはり高音さんはそういうキャラ回りなのですね。
赤松漫画という存在においては、ある意味主役です。

重大発表があるそうですが、もう皆さん分かっていますので…。
スポンサーサイト



2006/06/28 21:48|魔法先生ネギま!TB:5CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
・ネギま! ニュース●ALN日記更新●クラスメート名前最強戦!2・3回戦 [Verba volant, Scripta manent.]●来週のマガジンでネギま!の重大発表が!? [東麻帆良駅 業務日誌]●刹那vs月詠 シネマ村の戦い [東京すずめ]●パル様に挑戦! [ザ!マスタおい]ニュースは24時
楓の箱リロLive対戦日記 あれ?購入日記かも 2006/06/28(水) 21:52
2週間ぶりのネギま!感想です。↓からどうぞ
欲望のままに生きた痕 2006/06/28(水) 23:12
140時間目です。と、その前に。このところネギま系ブログを騒がせて?いるネギま部屋(楊さんのページ別館)のネギま関連サイトブログ系統図に参加してきました。ネギま系のブログ・サイトをお持ちでまだ参加していない
気が向き次第書くブログ 2006/06/29(木) 01:17
さて、140時間目です。拘束されたネギはそのままオコジョにされてしまうのか!?タイムマシンの再稼動にこだわるネギ!このセリフから察するに、やはり1週間前の世界に戻る事が今後のポイントになりそ
いけさんフロムFR・NEO 2006/06/29(木) 03:45
魔法先生ネギま! (14)『魔法先生ネギま!』140時間目「ネギ救出マル秘大作戦!!」オコジョになっちゃうかもしれない話。マル秘がどうしても表示できない。まぁそれはいいとして今回もまとめ難い。別荘脱出。確かにエヴァ様もいないんじゃコレしかないでしょ...
アニメ卍日記(仮)参番館 2006/06/29(木) 14:07
トラックバックURLはこちら
http://koewota.blog37.fc2.com/tb.php/456-a81626dd

永遠の17歳 

最新記事 

カレンダー 

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

声優公式・公認サイト 

声優事務所 

FRIENDS 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.